就職が戦のように企業ももちろん就職する側も色々と戦略を練らねばならない時代となりました。就職に向けて、きちんと準備をして自分の満足いく結果を得られるように行動しましょう。少しでもお役に立てるよう就職に関する情報を書いていきます。

就職戦線に向けて頑張ろうと宣伝している女性

自分が就職するに当たり譲れない条件を考える

自分が就職するに当たって、譲れない条件というものは誰しもが持っているものでもあります。それらの条件は、まぎれもなく働く意欲の強さ、企業への貢献度の高さを示すものになります。まず、現状の仕事のやり方に対して、より一層効率化を図るべく、無駄を省き、改善点を見出すことができれば、それを提案する機会を出来るだけ多くもたせてもらえることが第一の条件になります。動きやすさ、意見の出しやすさといった職場環境が整っていなければ、堅苦しさや我慢といったものに押しつぶされて、自分自身の能力を発揮することもできません。これを受け入れようとしない企業や団体であれば、採用前の面接などの段階で、辞退することがあってもおかしくはありません。個々人の前向きな提案を打ち出すことに対して、否定的な企業は滅多に存在しませんが、その提案内容が余りにも度が過ぎてしまうと、企業としてのチームプレーの輪を乱してしまうことになります。うまくコントロールしながら、賛同者を作り、徐々に大きな波となって企業を動かしていくことが大切になります。その他の条件としては、給与面が多く挙げられます。自身の生活を維持していくための大切な土台でもありますので、最低限の金額は譲れないところではあります。但し、給与面についての要望を申し出るにあたっても、支給額に見合った仕事をこなす自信があることを明言していることになりますので、どのような取り組み姿勢をもって仕事をこなしていくのかを伝えた上で、責任を持って希望額を申し出る必要があります。もちろん、就業規則上、入社早々から高額の支給を見込むことはできませんので、ある程度の年数の元で実績を積んでいくことが必要になります。